ディズニーの『三人の騎士』



1959年(昭和34年)3月10日日本公開(1945年2月3日米公開)
制作:ウォルト・ディズニー・プロダクション、ウォルト・ディズニー
配給:RKO、大映
監督:ノーム・ファーガソン
脚本:ホーマー・ブライトマン、ラルフ・ライト、ロイ・ウィリアムズ、ハリー・リーブス、ディック・ヒューマー他
音楽:チャールズ・ウォルコット他
出演:クラレンス・ナッシュ、ジョゼ・オリヴェイラ、ホアキン・ガライ、アウロラ・ミランダ、ドラ・ルス、カルメン・モリーナ
声優:山寺宏一、中尾隆聖、古川登志夫、種田文子、永井一郎、有本欽隆、納谷六朗



12160515

前作『ラテン・アメリカの旅』の続編である。

アメリカで暮らすドナルド・ダックのもとにラテン・アメリカの友達から3つの誕生日プレゼントが届く。

一つ目の箱からは映写機、二つ目の箱からは飛び出す絵本とそこから出てくるブラジルの友人、そして三つ目の箱からはメキシコの友人と壷が出てくる。

そのブラジルの友人ホセ・キャリオカとメキシコの友人パンチート、ドナルド・ダックの三人がデュマの名作『三銃士』を捩った『三人の騎士』である。

挿入歌『三人の騎士』



前作同様オムニバス様式の、歌ありダンスあり冒険あり恋ありの楽しい物語である。

また実写とアニメを合成して、同時に踊らせるといった凝った技術も端々に使われ、ディズニーファンを喜ばせる仕上がりになっている。

12160615

そして受賞は逃しているが、前作同様第18回(1945年度)アカデミー賞の作曲賞(ミュージカル部門)と音響賞にノミネートされている。



励みになります!
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村