ダンボ



1954年(昭和29年)3月12日日本公開(1941年10月23日米公開)
制作:ウォルト・ディズニー・プロダクション、ウォルト・ディズニー
配給:RKO、大映
原作:ヘレン・アバーソン、ハロルド・パール
監督:ベン・シャープスティーン
脚本:ジョー・グラント、ディック・ヒューマー、ビル・ピート、オーリー・バタグリア、ジョー・リナルディ他
音楽:オリバー・ウォレス、フランク・チャーチル
声優:坊屋三郎、丘さとみ、大坪日出代、古川ロッパ、三木鶏郎、七尾伶子、田村淑子、安双三枝他


挿入歌『ベイビー・マイン』



サーカスの象のジャンボのもとに、コウノトリが一匹の赤ちゃん象を届けるところから話が始まる。

小象ダンボは耳が大きい事でいじめられることになり、他の象からもからかわれてばかりいた。 

そんな自分に自信のないダンボは、母親とも離されだんだんと自虐的になっていく。

しかしあることがきっかけで、耳を使って空を飛ぶ事が出来るようになる。

挿入歌『もし象が空を飛べたら』



そんな誰もが一度は経験する、小さい頃いじめられて自信が喪失する経験から、何かのきっかけで大きく羽ばたいて成長していく 、そんなかわいい小象の物語である。

12140515

ミッキーマウスに似た愛らしいティモシー・マウスが出てくるのも、観客がストーリーに引き込まれていく大きな要素になっていることがなかなかにくい演出である。



励みになります!
  にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村