むかしむかしの映画と音楽

むかしなつかし思い出いっぱいの映画と音楽を紹介してゆきます。

海底二万哩

海底二万哩(かいていにまんマイル)



1955年(昭和30年)12月23日日本公開
制作:ウォルト・ディズニー・プロダクション、ウォルト・ディズニー
配給:ブエナ・ビスタ、大映
監督:リチャード・フライシャー
脚本:アール・フェルトン
原作:ジュール・ヴェルヌ 
音楽:ポール・J・スミス
出演者:カーク・ダグラス、ジェームズ・メイソン、ポール・ルーカス、ピーター・ローレ


ジュールベルヌ原作のディズニー映画である。

11193215

筆者は、封切りの7・8年後の再映時に大阪のOS劇場で、父に連れられて2人で見た記憶がある。

日本の特撮とはまた、まったく違った迫力のあるパノラマ総天然色画面であった。 

11193515

幼心に自分が読んだジュールベルヌの物語が、こんな風に具現化するすばらしい世界があるのかと感動した。

11193415

映画を見た帰り、もう既に亡くなった父に買ってもらったノーチラス号のプラモデルが、長い間私の宝物だったことを今、思い出した。 


あなたの少しの愛を!
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村




支那の夜

支那の夜



1940年(昭和15年)6月5日公開
制作:東宝映画、中華電影公司、滝村和男
配給:東宝
監督:伏水修
脚本:小国英雄
音楽:服部良一
主題歌:李香蘭『支那の夜』、『蘇州夜曲』
出演者:長谷川一夫、李香蘭、藤原鎌足、服部富子、汐見洋、嵯峨善兵、藤輪欣司、三條利喜江他


蘇州夜曲



11181315

満州事変から日華事変(日中戦争)に渡る時代背景を背負って制作された映画である。

戦中戦後を通じて批判も多数されているが、大衆の反応は違う。

日本人貨物船船員長谷哲夫(長谷川一夫)と中国娘・桂蘭(李香蘭・山口淑子)との恋物語である。


11181715

今でも主題歌『支那の夜』、劇中歌『蘇州夜曲』を知っている人は日本、台湾、中国、東南アジアを通じて多数いる。

11181615

上映国も中国・台湾・朝鮮・アメリカ・ベトナム・タイ・香港・フィリピン・ビルマ・インドネシアに渡り、当時の西洋植民地での上映が許可されている。

この映画の文化的高価値がもっと再評価されてもよい秀作である。 

なお詳細については、私の稚拙なブログよりもっとすばらしいブログがある。

内容からしても筆者は関係者の方か専門家であろうと思われる。
「李香蘭と支那の夜 ~名曲・蘇州夜曲の謎を解く~」 


どうかあなたの愛を!
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村





 

お嬢さん乾杯!

お嬢さん乾杯!



1949年(昭和24年)3月9日公開
制作:松竹大船撮影所、小出孝
配給:松竹
監督:木下恵介
原作:
脚本:新藤兼人
音楽 木下忠司
主題歌:灰田勝彦「お嬢さん乾杯」 
出演者:佐野周二、原節子、青山杉作、藤間房子、永田靖、東山千栄子、森川まさみ、佐田啓二、佐藤成子他

 
11170815

元華族の令嬢・泰子の原節子が美しい。

自動車修理工場を経営する青年・圭三の佐野周二とのやり取りが面白い、ロマンティック・ラブコメディである。

11170915

その間でバーのマダムの村瀬幸子がまた、よい味を出している。

近頃こういう素敵な恋愛もあまり聞かなくなった気がする。


ぽちっとお願い!
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村





 

怪人二十面相

怪人二十面相

11160815


you tubeにないので“ボ・ボ・ボクラは少年探偵団”の『少年探偵団の歌



1954年(昭和29年)公開
制作:松竹大船
配給:松竹
監督:弓削進
原作:江戸川乱歩
脚本:小川正
撮影/特技指導:
出演者:若杉英二、草間百合子、藤乃高子、山形勲、須賀不二夫、沼尾釣、日守新一 他


11160915

驚いた事に江戸川乱歩の原作は、1936年(昭和11年)1月から12月にかけて『少年倶楽部』誌に掲載された古いものである。

最初から子供向け作品であったにもかかわらず登場するのは、大人向け探偵小説顔負けのダークヒーロー怪人怪人二十面相であった。

怪人二十面相を追う名探偵明智小五郎と小林少年の活躍は、シリーズ化されても変わらない。

著者が小学生の頃でも、有志が持合いで各巻を買って回し読みをしていた。

おそらくそれは今も変わらないことかと思われる。

11161015

血沸き肉踊る、そんな古い形容が当てはまる良作である。

 

ぽちっとお願い!
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村





今日は七五三で映画はお休み

今日は七五三で映画はお休み

11150915

七五三は、平安貴族から始まった3歳「髪置(かみおき)」男女とも3歳で髪を伸ばし始める、5歳「袴着(はかまぎ)」 男の子が5歳で袴を着け始める、7歳「帯解(おびとき)」女の子が7歳で帯を締める着物に変えるという行事です。

11150815

一般に普及したのは、江戸時代からです。 

どうか温かくして、ご家族とよい休日の夜をお過ごし下さい。

   


にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
※画像はフリーを使用しています。 
livedoor プロフィール
にほんブログ村
最新コメント
Amazonライブリンク
楽天市場
カテゴリー
  • ライブドアブログ