むかしむかしの映画と音楽

むかしなつかし思い出いっぱいの映画と音楽を紹介してゆきます。

ファンタジア

ファンタジア



1955年(昭和30年)9月23日日本公開(1940年11月13日米公開)
制作:ウォルト・ディズニー・プロダクション、ウォルト・ディズニー
配給:RKO、大映
ナレーター:ディームズ・テーラー、ウォルト・ディズニー
監督:ベン・シャープスティーン
脚本:ジョー・グラント、ディック・ヒューマー
音楽:レオポルド・ストコフスキー、フィラデルフィア管弦楽団、


12070715

この作品が昭和15年に制作された事に脅威を感じるのは、私だけではないと思う。

ウォルト・ディズニー本人がナレーションをしていることでも、その力の入れようが分かる。

またバックミュージックの豊富さ、 J.S.バッハ『トッカータとフーガ ニ短調』、チャイコフスキー『くるみ割り人形』、デュカス『魔法使いの弟子』、 ストラヴィンスキー『春の祭典』、 ベートーヴェン『田園交響曲』、ポンキエッリ『時の踊り』、ムソルグスキー『はげ山の一夜』、 シューベルト『アヴェ・マリア』は群を抜いている。



誰でもが一度は聞いた事のある曲ばかりであり、当時フィラデルフィア管弦楽団の常任指揮者で活躍していたレオポルド・ストコフスキーを起用している事でもその力に入れようが分かる。

そして何といっても、ミッキーマウスの新しい姿の見事さであろう。

12071015

しかし 、ディズニーが生きていた間の評価は微妙であった。

1940年度のアカデミー賞では、ウォルトとストコフスキーが特別賞を受賞はしたものの評論では、映画という扱いからは遠い存在とされた 。

12070815

それにもかかわらず ディズニーははっきりと、「これは私が死んでからもずっと楽しんでもらえる作品だ」と述べている。

子供にとって何が、感動をもたらすかは様々であるが、幼少期に見ておいて必ず記憶に残るすばらしい作品である。



 

励みになります! 
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村







わんわん物語

わんわん物語 予告編



1956年(昭和31年)8月8日日本公開( 1955年6月16日米公開)
制作:ウォルト・ディズニー・プロダクション、ウォルト・ディズニー、ロイ・O・ディズニー
配給:ブエナ・ビスタ・ディストリビューション、大映
原作:ウォード・グリーン
監督:ウィルフレッド・ジャクソン、ハミルトン・ラスク、クライド・ジェロニミ
脚本:アードマン・ペナー、ジョー・リナルディ、ラルフ・ライト、ドン・ダグラディ他
音楽:オリヴァー・ウォーレス
声優:宝田薫、小林桂樹、三津田健、鈴々舎馬風、里見京子、ナンシー梅木、北原文枝、三木鶏郎他



12040515

最近、日本ではあまり見かけなくなった犬種アメリカン・コッカー・スパニエルのレディと雑種犬トランプの恋との冒険の物語である。

お嬢さん育ちのレディが、飼い主夫婦に子供が出来た事から話が展開していく。


12040415
レディが保健所に捕まったり、トランプの野良犬同士の喧嘩に巻き込まれたりと紆余曲折を経て、二匹は結ばれることになる。

数ある名シーンのなかでも、二匹で仲良くスパゲッティを啜るシーンは有名である。
(挿入歌:ベラ・ノッテ)



なお、この作品は長編アニメ初のカラーでシネマスコープ作品ということでも公開前から大きな話題となった。



励みになります!
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
 





 

ふしぎの国のアリス

ふしぎの国のアリス



トゥワズ・ブリリグ (ふしぎの国のアリス挿入歌)



1953年(昭和28年)8月19日日本公開( 1951年7月28日米公開)
制作:ウォルト・ディズニー・プロダクション、ウォルト・ディズニー、ロイ・O・ディズニー
配給:RKO Radio Pictures、東宝?
原作:ルイス・キャロル 
監督:クライド・ジェロニミ、ハミルトン・ラスク、ウィルフレッド・ジャクソン
脚本:ウィンストン・ヒブラー、ビル・ピート、ジョー・リナルディ、ウィリアム・コトレル、ジョー・グラント他
音楽:オリバー・ウォレス
声優:キャロライン洋子、鈴木ヤスシ、富田耕生、ペギー葉山、熊倉一雄、山崎唯、大塚周夫、立壁和也他


12030215
筆者は中学生の頃までずっと、チェシャ猫を知恵者(ちえしゃ)猫だと思い込んでいた。

夢見がちな少女の不思議な白昼夢の物語である。

驚くのは、原作者ルイス・キャロル(本名:チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン)が数学者であることだ。
12030315

それも友人の娘アリス・リデルの為だけに書いたものが元になっているという。
12030515
(アリス・リデルの写真:wiki pより)

原作者が数学者である影響は言葉遊びやトランプ構成など、はしばしに反映されている。

12030415

女性ならだれしもが一度は経験する、夢見る頃の素敵な物語である。


励みになります!
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村






 

素晴らしき哉、人生!

素晴らしき哉、人生!



1954年(昭和29年)2月6日日本(米国1946年12月20日)公開
制作:Liberty Films
配給:RKO
監督:フランク・キャプラ
脚本:フランク・キャプラ、フランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケット
原作:フィリップ・ヴァン・ドーレン・スターン
音楽:ディミトリ・ティオムキン
出演者:ジェームズ・ステュアート、ドナ・リード、ライオネル・バリモア、ヘンリー・トラヴァース他



12020315

アメリカ映画界の最高傑作のひとつである。

また、クリスマス映画といえばアメリカではこの映画を指すといっても過言ではない。


12020515

アメリカではどの大学の映画学科でも、この映画を必ず見せて、学生の指針としているようだ。

ジェームズ・ステュアート演じるジョージ・ベイリーの不運さゆえに自殺を図ろうとする姿に、天使が助けを与える。

人生というものに対する違う見方である。

アメリカでは毎年、年末近くなるとテレビで放送されるようである。

何度見ても、いつも違う感銘を与えてくれる良い映画である。 

12020415


励みになります!
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村





シンデレラ

シンデレラ 




挿入歌『ビビディ・バビディ・ブー』

 

1952年(昭和27年)3月7日日本公開(1950年2月15日米公開)
制作:ウォルト・ディズニー・プロダクション、ウォルト・ディズニー、ロイ・O・ディズニー
配給:RKO Radio Pictures、東宝?
原作: シャルル・ペロー
監督:ウィルフレッド・ジャクソン、ハミルトン・ラスク、クライド・ジェロニミ
脚本:ビル・ピート、テッド・シアーズ、ホーマー・ブライトマン、ケン・アンダーソン、アードマン・ペナー他
音楽:マーク・デイヴィッド、ジェリー・リヴィングストン、アル・ホフマン
声優:富沢志満、友竹正則、北林谷栄、前沢奈緒子、依田みどり、中村哲、坊屋三郎、堀越節子他


120415

12月中は、もう少しディズニー作品とクリスマス・年末に関係した作品を紹介したい。

筆者は、前出の『白雪姫』と『シンデレラ』『眠れる森の美女』の区別が余り出来ない。

いずれも結末が、王子様の登場と王子様による救済だからだろうか。

120515

原作が シャルル・ペローとあるが、どうもストーリー的には世界中に同様のお話があるようだ。

シンデレラの直訳は『灰かぶり姫』になるらしい。

そういえば日本のおとぎ話(御伽草子)にも『鉢かぶり姫』という似た話がある。

ディズニーランドの象徴『シンデレラ城』とガラスの靴。

120715

やはり大昔から女性が夢に思い描くのは、白馬に跨る素敵な王子様の登場とすばらしい結婚らしい。
120615



励みになります!
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村






livedoor プロフィール
にほんブログ村
最新コメント
Amazonライブリンク
楽天市場
カテゴリー
  • ライブドアブログ